ホームページから問合せの数を増やすにはどうしたらいいか分からない!

今回はそんな声にお応えして、ホームページを活用してザクザク集客できるコツを紹介します。

ホームページ集客に欠かせない4つの要素

ホームページを活用して、問合せを増やすのに必要不可欠な思考法を、分かりやすく狩りに置き換えて紹介します。

  1. 狙う獲物:ターゲット
  2. 使うエサ:商品・サービス力
  3. 武器や道具:コピーライティング
  4. 季節や天気:タイミング

なぜ、この4つを意識した方が良いのでしょう?
具体的な失敗例をあげながら解説していきます。

1.ターゲット

例)高齢者向けに小顔矯正を訴求する

なかには、
高齢者の方でも小顔矯正に興味がある人も
いるかもしれませんが、若い女性と比べてたくさん集客できないですよね?


ですから、誰(数の多い層)に商品・サービスを届けたいのか?をしっかり考えましょう。
ここで、ターゲットを見つけるためのヒントを1つ紹介します。

それは今お客さんになっている人達を見直してみることです。
(年齢、性別、売上規模や価値観、どんな悩みを抱えているかなど)

2.商品・サービス力

例)何の特徴もなく、誰も欲しいと思わない商品・サービス

極端な表現ですが、獲物(ターゲット)は美味しそうなエサがないと食いつきません。
あなたの商品・サービスはどんな魅力があるのかを考えてみましょう。

3.ライティング

例)高齢者向けにパソコンを販売するためのコピー
「第6世代 インテル Coreプロセッサー搭載PC 180,000円」



パソコンマニアには響くかもしれませんが、
高齢者にとってみたら「何を言っているか分からない」ですよね?


ターゲットに響く商品・サービスの特徴を書き出して、魅力的なメッセージに変えてみましょう。

4.タイミング

例)真夏に鍋焼きうどんを販売する

これは、世の中の動きや季節に注意してみましょう!ということです。


それぞれの季節やニュースで大きく
取り上げられてるなど、獲物(ターゲット)が商品・サービスの事をどう思っているのだろう?と考えてみましょう。


そうすると、どの季節やタイミングで販売しやすい商品なのか?が分かってきます。

集客数を増やすのに外せないポイントを式にすると・・・

狙う獲物(ターゲット)×使うエサ(商品・サービス力)×武器や道具(ライティング)×季節や天気(タイミング)=集客


上の式は、足し算ではなく掛け算だということを認識しましょう。


1つでもマイナスやゼロがあった場合は、集客が上手くいかないので注意してください。